ウイルスは2時間以上生きる

2020/06/10 社長の独り言 社長の独り言 社長の独り言 社長の独り言 社長の独り言 社長の独り言

何事も無かったように過ごせる 日常が待ち遠しいですね。
もうすっかり「3密」や「飛沫感染」という言葉が定着してしまいましたが・・・
気の合った仲間との会食や宴会など、これからどんな風に変化して行くのでしょうか?
巷ではオンライン飲み会が取り上げられて久しく・・・。
やはり、気心の知れた仲間とは、顔を合わせて一緒に笑いたいと私は思います。
 私たちの工務店グループでお願いした調査、日本のバイオメディカルサイエンス研究会(通称BMSA“バムサ”)という国の認定法人のウイルス不活性化調査では、ビニールクロスに付着させたウイルスは2時間以上も生きたというデータもあります。
(注意、新型コロナウィルスでの実験データではありません。)
※資料差し上げてますので、気になる方はお問い合わせください!
インフルエンザやヒト型コロナウイルスなどは、その構造からエンベロープという2重構造の脂質膜に覆われているそうです。
因みにこの膜が無いノンエンベロープウィルスの代表はノロウイルスやロタウイルスです。こちらはアルコールや界面活性剤にも強く不活性化が完全には出来ないようです。
石鹸には界面活性剤(本来分離する水と油を混ざるようにしてしまう材)が入っています。それが脂質膜を溶かしてしまうのでウイルスは死んでしまいます。
だから石鹸での手洗いが有効なんですね。(アルコール消毒も同じ効果です)
また水酸化カルシウムなどの強アルカリ性質も脂質膜を分解し付着したウイルスを不活性化させるそうです。
いずれにしても、ウィズコロナ・アフターコロナは私たち生活の中に手洗いや消毒の意識が根付いて行く気がします。携帯用消毒スプレーを持ち歩くのが普通になりそうですね!
コロナに負けず、頑張りましょう!!
バイオメディカルサイエンス研究会(略称:バムサ・BMSA)は、1987年(昭和62年)に厚生省所管の研究機関の研究者によって、研究人材の活用、予防医学の基礎研究と応用研究との連携、国際協力を柱に任意団体として設立されました。