パーフェクトバリア

断熱材にはパーフェクトバリアを使用。
パーフェクトバリアは再生ポリエステル繊維と、接着剤の代わりに低融点のポリエステル繊維を混入し、 200℃前後 (両者の融点の中間温度)の熱を加え、低局虫点繊維をとかして繊維どうしを自己融着させています。 接着剤を使用していない為、ホルムアルデヒド等の有害物質の揮発は一切ありません。

1941年に木綿 (もめん)の代替材料として開発されたポリエステル繊維は、現在では世界の合成繊維の生産量の86%を占め、その製品は世界の人々に愛用され、安全性と機能性は実証済みです。

パーフェクトバリアの特徴

●成型の過程で一切の接着剤を使用していない為、ホルムアルデヒド等の有害物質揮発の心配がなく、シックハウスの原因物質となりません。

●ポリエステルは、口をつける飲料ボトルに多用される程、大変安全なもので、パーフェクトパリアは、その安全なポリエステル100%で製造されています。

●ポリエステルは、虫食害、発酵腐敗の心配が無く、そのため一切の防止薬物の混入の必要が無く、防止薬剤による二次被害がありません。

●手触りも優しく、粉塵が肌に東さることもあクリませんし、肺に刺さって、発ガン性を疑われる こともありません。万一吸引しても咳で体外に排出されます。

●環境ホルモンも出さず、燃えてもダイオキシン・シアンガス等の有毒ガスを出す心配がありません。完全燃焼すると、水と炭酸ガスに分解します。